水木しげるさん納骨 墓に鬼太郎、ねずみ男などレリーフ

[ 2016年5月31日 05:30 ]

29日に遺骨が納骨された水木しげる氏

 昨年11月30日に多臓器不全のため93歳で死去した漫画家の水木しげる(本名武良茂=むら・しげる)さんの遺骨が29日に東京都調布市の墓に納骨された。水木プロダクションが30日、公式ツイッターで報告した。

 墓は約30年前に水木さんがデザインしたもので、左右に鬼太郎とねずみ男、側面と後ろには妖怪たちのレリーフがある。公式ツイッターでは、水木さんが亡くなってから半年がたち「出来上がった時には自ら中に入って居心地を確かめていましたっけ…とうとうそこに入る時がきました」と生前の思い出をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月31日のニュース