石田純一 コボスタで始球式、ノーバンならずも“スタイル”貫く

[ 2016年5月31日 18:10 ]

<楽・神>始球式を行う石田純一

交流戦 楽天―阪神

(5月31日 コボスタ宮城)
 タレントの石田純一(62)が31日、コボスタ宮城で行われた楽天―阪神戦の始球式を務めた。

 この日の試合は株式会社プロトコーポレーションによる「カーと言えばグーナイター」として開催され、同社のイメージキャラクターである石田が大役に抜擢された。

 都立青山高校では野球部に所属し、エースで4番だった石田だが、惜しくも投球はワンバウンドで捕手・足立のミットにおさまり「10年前ならストライクが投げられたかな」と苦笑い。それでも「NPBの始球式は初めて。プロの球場はきれいですね。打者が鳥谷選手でテレビに出ている人だったので…」と興奮気味に振り返った。

 ちなみにスニーカーでマウンドに上がったが、この日ももちろん靴下は「履いてませんでした」と“純一スタイル”を貫いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月31日のニュース