玉三郎が演出“太鼓判”公演「大太鼓抜きの歌舞伎は考えられない」

[ 2016年5月31日 05:30 ]

鼓童創立35周年記念コンサートで芸術監督を務める坂東玉三郎(中)と鼓童メンバーの石塚充(左)と船橋裕一郎

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(66)が30日、都内で行われた「太鼓芸能集団 鼓童」創立35周年記念コンサート(東京・サントリーホール、8月18~20日)の記者懇親会に出席した。

 同公演の芸術監督を務める坂東は、これまで約15年にわたって鼓童の公演を手掛けている。坂東は「大太鼓抜きの歌舞伎は考えられず、関係がないように見えて実はとても近い間柄」と鼓童との相性を説明。今回はオーケストラやダンスユニットともコラボするが「今後も新しいものをつくりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月31日のニュース