「99・9」に漫画家・桂正和氏出演で騒然「重版出来!」とコラボも

[ 2016年5月31日 05:30 ]

「99・9―刑事専門弁護士―」に出演した漫画家の桂正和氏(C)TBS

 嵐の松本潤(32)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―」(日曜後9・00)の第7話に、「ウイングマン」「電影少女」「ZETMAN」などで知られる漫画家の桂正和氏がアフロヘアのカツラ姿で出演。大御所漫画家のまさかの出演が話題を呼んだ。

 場面は主人公の深山大翔が居候する小料理店「いとこんち」。アフロヘアの店主・坂東健太(池田貴史)が営む店とあって、毎回アフロヘアの客が訪れるが、第7話の客は桂氏だった。

 代表作「ウイングマン」に引っかけて手羽先を注文する桂氏。そこに同局「重版出来!」(火曜後10・00)で漫画家アシスタント・棚橋役の今井隆文(30)が現れる。「重版出来!」のキャラクターとして「99・9」の世界に入り込み、桂氏に「早く描いてもらわないと締切間に合わないですからね」「そんなことじゃ重版出来できませんよ」とちゃっかり「重版出来!」をPRした。

 さらに棚橋が桂氏のアフロカツラをもぎ取ると、丸刈り頭があらわに。オヤジギャグを好んで使う「99・9」らしく、坂東が「カツラ?桂先生?」と桂氏の正体に気づく――というシーンだった。

 桂氏のまさかの出演にツイッター上では「漫画家の桂正和氏が出てるwびっくりした」「アフロ被ってた人桂正和先生ご本人だったのか...」と驚きの声が続々。「もしかして近々『重版出来!』の方に桂先生が漫画家役として出演するんじゃ」「『重版出来!』の方にも桂先生の出演or先生の漫画を作中に登場させて欲しいな」と桂氏の「重版出来!」出演を希望するツイートも相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月31日のニュース