歌丸を大臣表彰 卓越話芸で落語界に貢献

[ 2016年5月31日 12:21 ]

桂歌丸

 日本テレビ系の人気演芸番組「笑点」の司会を約10年にわたり務めた落語家の桂歌丸(79)に対する文部科学大臣表彰の表彰式が31日、省内で開かれた。古典落語の継承に取り組み、卓越した話芸で落語界に長年貢献してきたことが評価された。

 歌丸は横浜市出身。1966年の放送開始から笑点に出演し、2006年から司会を務めた。5月22日の放送で春風亭昇太(56)に司会を譲ると表明、レギュラー出演を終えた。

 文化庁によると、大臣表彰は文化で優れた成果を示し、教育や国際交流、社会貢献などにも功績があった人が対象で、これまでに26の個人や団体が表彰された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年5月31日のニュース