ディーン「精霊の守り人」新キャストに!来年放送シーズン2出演

[ 2016年4月8日 11:31 ]

ディーン・フジオカ

 女優の綾瀬はるか(31)が主演を務めるNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2の出演者が8日、東京・渋谷の同局で発表され、板垣瑞生(15)、鈴木梨央(11)、真木よう子(33)、柄本明(67)、鈴木亮平(33)、壇蜜(35)が出席し、意気込みを語った。また、同局の連続テレビ小説「あさが来た」で大ブレークしたディーン・フジオカ(35)も出演することが発表された。

 成長したチャグムを演じる板垣は「そうそうたるメンバーで困惑、緊張しています。新ヨゴ国を救える男に」と意気込み。鈴木は「綾瀬さんは憧れの女優さんなので、今からワクワク楽しみにしてます」と笑顔で抱負を口にした。

 新メンバーの加入に、綾瀬は「すごく楽しみにしてます。梨央ちゃんとは同じ役の幼少時代を演じたことが2回くらいあって、今回は一緒の撮影があるので楽しみ」とニッコリ。第2シーズンは草原の国が舞台ということで、綾瀬は「馬の稽古を頑張りりたい」と語った。

 会見には出席しなかったが、他にロタ国ヨーサム役に橋本さとし(49)、ヨーサムの弟役にディーン・フジオカらの出演が発表された。シーズン2は2017年1月から全9回で放送予定。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月8日のニュース