大島親方、NYで盲導犬チャリティー活動 小林幸子も駆け付ける

[ 2016年4月8日 13:11 ]

ニューヨークで盲導犬協会のチャリティーイベントに出席した大島親方と小林幸子

 大相撲の大島親方(41、元関脇・旭天鵬)と歌手の小林幸子(62)がこのほど、米ニューヨークで盲導犬協会のチャリティーイベント(主催・NPO法人ふれあい会)を行った。約200人のニューヨーカーにちゃんこ鍋を振る舞うなど交流を図った。

 イベントの収益はすべて、ニュージャージーの盲導犬協会に寄付。大島親方は「日本の文化がこんなに喜ばれてとてもうれしい。今後も、ちゃんこ鍋を食べていただいたり、日本の国技を知ってもらったりしながら盲導犬へのチャリティー活動に意欲的に取り組むことを誓います」と話した。

 小林は「大島親方とは10年以上のお友達。盲導犬育成のためのチャリティーイベントと聞いて駆け付けました」と笑顔だった。大島親方には「チャリティー精神に感銘を受けた」としてニューヨーク後援会が発足することも決まった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月8日のニュース