前田敦子、観劇マナー違反報道を否定「悔しい 悲しい」

[ 2016年4月8日 13:34 ]

観劇マナー違反報道を否定した前田敦子

 元「AKB48」で女優の前田敦子(24)が7日深夜に自身のツイッターを更新。一部で、自身が芝居を観劇中にマナー違反を続けたと報じられたことを受け「嘘を書かれるのは悔しい」と報道を否定した。

 週刊誌では、人気演出家・野田秀樹氏の最新舞台の千秋楽公演の観戦に訪れていた前田が黒いキャスケット帽を目深にかぶっていたため、劇場スタッフが帽子を取るよう何度も注意し、最後は客席を後にしたと報じられた。

 月に10作品は舞台や映画を見ているという前田はツイッターで「舞台を観るのが大好きなのに」とつぶやくと「その舞台を汚しているような嘘を書かれるのは悔しいです」とそのような事実はないと強調。最後には「悲しいです」と苦しい胸のうちをこぼした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月8日のニュース