松井玲奈 結婚は「ハードル高い」マイペース、共同生活が苦手

[ 2016年3月22日 12:01 ]

「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」で連続ドラマに初主演する松井玲奈(C)2016「ランドリー茅ヶ崎」の会員・MBS

松井玲奈インタビュー(下)

 SKE48卒業から半年、松井玲奈(24)が女優として快進撃。連続ドラマ初主演を務めるTBS「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」(火曜深夜1・11)をはじめ、出演作が相次いでいる。

 年明けから、日本テレビの単発ドラマ「刑事バレリーノ」(1月9日放送)、1月クールの日本テレビ連ドラ「ニーチェ先生」(第9話=26日深夜4・00、第10話=26日深夜4・30)、1月クールのフジテレビ連ドラ「フラジャイル」に出演。NHK BSプレミアム「初恋芸人」(火曜後11・15、全8話)が今月1日にスタート。今作(全4話)が15日に始まった。

 映画「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」などで知られる飯塚健監督(37)がオリジナル脚本と演出を担当。神奈川県厚木市にある風変わりなサービスを行うコインランドリーを舞台に、アルバイト・南雲凪(松井)とオーナー兼店長(滝藤賢一)が来店客とコメディータッチの物語を繰り広げる。

 舞台のような長回しの撮影が多く、松井にとっては初のタイプの作品。セリフのない部分でも「どう動くか自分なりにいろいろ考えたので、そういうところからキャラクターの個性や人間性が見えてくるのかなと思います。とても勉強になりました」と女優としてステップアップした。

 昨年10月のイベントで「結婚願望はない」と話したが、今も「(結婚願望は)ないです。人と共同生活をするのが苦手。人と暮らせる気があまりしていないので。それを含めて認めてくれる人がいれば全然、結婚はします」と苦笑い。

 「すごくマイペースなんです。親といても、一緒にごはん食べたりとか、あまりしなくて。1人暮らしを始めてから、それがひどくなっていて。プライベートは、自分の時間軸で生きていたいんですね。友達とごはんに行くようにはなったので、前より間口は広がっているんですが、一緒に暮らすとなると、また別の話なので。(結婚の)ハードルは高いなと思っています。そういう人がいたり、きっかけがあればいいなとは思います」と結婚観を明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年3月22日のニュース