「とと姉ちゃん」高畑充希 ヒロインとの共通点は「高低差の激しさ」

[ 2016年3月22日 16:05 ]

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」試写会に出席した高畑充希

 女優の高畑充希(24)が22日、東京・渋谷で行われたヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(4月4日スタート、月~土曜前8・00)の第1週試写会に両親役の西島秀俊(44)、木村多江(45)とともに出席した。

 生活情報誌「暮しの手帖」の創業者である大橋鎭子さんの人生をモチーフにした第94作連続テレビ小説。高畑は11歳で父を失い、母と妹ふたりを背負って父親代わりの「とと姉ちゃん」として家族のために生きるヒロイン・常子を演じる。

 役柄について「とにかく人のためというのが原動力になっていて、かつ好奇心旺盛でバイタリティーにあふれているので、常子を演じていると一緒になっていろんなものに興味をモテたり、いろんなものを楽しめる日々で面白い人。すごくずっと見ていたい人だなと思う」と分析。自身との共通点について聞かれると「何かあった時に落ち込んだところと、復活したところの高低差が激しいです。ダメだ、消えたいってなって、でも行けるかもってなると、パーンって跳ねる感じのピードが似てます」と独特な表現で話し、笑わせた。

 全編を通じて衣装にもイメージカラーがあるといい、「常子は青なんです。それぞれ手編みのカーディガン…ものすごくかわいくて、それは終わったらもらう約束をしました」とすでにお気に入りの衣装ゲットの段取りまでしていることを明かし、ハードな撮影を楽しんでいる様子をうかがわせた。

 西島は常子が11歳の時に結核で亡くなってしまう父親役。3人の子役と母親役の木村とともに温かい家庭を演じたが、「3姉妹も本当にいい子で、無理して家族のような関係を作る気はなかったが、初日からちょっと言い合いするぐらいの良い家族になれた。日々も暮らしを丁寧に描いた胸に迫る素晴らしいドラマが出来上がったと思う」としみじみ。

 木村は「『あさが来た』は華やか感じだけど、『とと姉ちゃん』は地味かなと思うかもしれないけど、何でもないことがすごくすごく幸せだったんだって思うんじゃないかと思う」と大ヒット中の前作を引き合いにPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年3月22日のニュース