大友康平、総立ちファンに「泣きそう」ハウンドドック35周年公演

[ 2016年3月22日 05:38 ]

マイクスタンドを傾けて熱唱するHOUND DOGの大友康平

 ロックバンド「HOUND DOG」がデビュー35周年記念公演を21日、東京・青海のZepp Tokyoで行った。

 ボーカルの大友康平(60)は、総立ちの1300人の大歓声に迎えられて登場し「いきなり(感情の高ぶりが)ピークになっちまった。泣きそうだよ」。35年を振り返り「こんな俺だけど、みんながいたから走ってこられた」と感謝し、代表曲「ff」や「BRIDGE」など23曲を披露した。

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県塩釜市出身。「僕たちにできることは、どんな形でもいいから支援を続けること」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年3月22日のニュース