三代目JSB レコ大連覇で23冠!兄貴分EXILE超え狙う

[ 2015年12月31日 05:30 ]

日本レコード大賞を受賞した「三代目J Soul Brothers」

 「第57回日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)の最終審査会が30日夜、東京・初台の新国立劇場で開かれ、大賞は7人組ユニット「三代目 J Soul Brothers」の「Unfair World」に決まった。2年連続受賞は7組目。最優秀新人賞は8人組アイドルグループ「こぶしファクトリー」が選ばれた。

 「三代目…」と呼ばれると、登坂広臣(28)は大きく息を吐き出した。涙を浮かべて大喜びした昨年とは対照的で、ステージ上では「昨年とは違う感覚で責任感を感じた。喜びに浸ることなく、まだまだ勝負したい」と抱負。ほかの6人にも笑顔はなく、喜び以上に、重圧から解放されて安どしているように見えた。

 大ブレークのきっかけをつかんだのは昨年のレコード大賞だった。前回の大賞受賞曲「R.Y.U.S.E.I.」のダンス「ランニングマン」は今年に入って小中学生にもまねをされるなど社会現象化。ヒットが続くか真価が問われる中で、「今年も狙っていく」(今市隆二)と自らプレッシャーをかけての連覇達成だった。

 「Unfair World」は、映画「アンフェア the end」の主題歌に起用されたミディアムバラード。アップテンポなダンスナンバーの翌年はバラードで大賞を受賞し、今市は「もともとの武器で勝負できてよかった」と喜んだ。

 記録ずくめの一年でもあった。14日には「第48回日本有線大賞」に選ばれており、今年受賞した各賞・記録は合わせて23冠となった。

 セールス、公演実績も高い数字を叩き出した。1月発売のアルバム「PLANET SEVEN」は出荷枚数が100万枚を突破。5~10月に開催した6大ドームツアーでは120万人を動員し“ダブルミリオン”を達成した。NAOTO(32)は「夢をかなえさせてもらった今年を最高の形で締めくくることができた」と感激。この勢いで、3連覇を含む4度の大賞を受賞した兄貴分のEXILE超えを狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年12月31日のニュース