森進一紅白ラストステージ 最後は「かあさーん!」

[ 2015年12月31日 23:29 ]

<第66回NHK紅白歌合戦>歌い終わりで「母さーん」と叫ぶ森進一

第66回NHK紅白歌合戦

(12月31日 東京・NHKホール)
 今年で紅白からの卒業を宣言している森進一(68)は涙なしのラストステージとなった。

 五木ひろし(67)石川さゆり(57)氷川きよし(38)ら演歌歌手勢が総出で見守る中、選んだのは代表曲の「おふくろさん」。魂を込めて歌い上げ、最後は「かあさーん!」と叫んで締めた。

 森は4日、来年以降の紅白歌合戦に出場しないことを公式サイトで表明。デビュー50周年の節目を「けじめ」として身を引くことを明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年12月31日のニュース