ヒロミ 今年の漢字は「戻」 B21“30周年コント”にも意欲

[ 2015年11月11日 15:23 ]

米映画「Re:LIFE~リライフ~」公開記念トークショーに出席したヒロミ

 タレントのヒロミ(50)が11日、米映画「Re:LIFE~リライフ~」(20日公開)の公開記念トークショーを都内で行った。

 映画関連のイベントに出るのは意外にも初めてで、映画は妻の松本伊代(50)と一緒に見たという。アカデミー賞を受賞しながらその後ヒット作に恵まれなかった脚本家が、講師を務めた大学の学生たちの情熱に感化され再起を目指すという物語だが、「全然気づかなかったけれど、よくよく考えたら主人公の雰囲気が俺に似ているってことで呼ばれたのね。ママも気づいていなかったけれど、だからグッときたのかなあ」と自身に重ね合わせて感想を語った。

 約10年ぶりに芸能界に復帰した昨年末以来引っ張りだこの人気で、復活を印象づけたが「テレビに出ていない時も、年配の方には“いつも見ているよ”って言われて、意外と忘れられていなかった。若い人が出て来て先輩も相変わらず元気だけれど、あまり変わっていないね」と冷静に分析。その上で今年を漢字1字で「戻」としたため、「これまでは古い付き合いばかりだったけれど、若い人とも遊んだりご飯に行ったりするのは面白いですよ。若い人にもてあそばれています」と笑顔で話した。

 来年は「B21スペシャル」が結成30年を迎え、「3人でコントをやりたいと思っている」と意欲。「やるとなると気合を入れてちゃんとやりたいし、年をとったなりに軽いタッチでバタバタしないコントの方がいいかもしれない。スケジュールなどもあるけれど、俺がネタやるぞって強めに言えばすぐに集まるから」と構想を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月11日のニュース