SMAP東京パラ五輪応援団 サポートセンターに香取の壁画

[ 2015年11月11日 05:30 ]

 SMAPが10日、東京・赤坂の日本財団ビルにオープンした「パラリンピックサポートセンター」の発表会に出席した。5人は2020年東京パラリンピック大会を支援する同センターの応援団を務める。「Sports、Music、Assemble、People」の頭文字を取ったグループ名にちなんで中居正広(43)は「スポーツと音楽を融合したグループでスポーツへの関心は高い。これからPの部分をパラリンピックのPにしたい」とアピールした。

 香取慎吾(38)が「i enjoy!」をテーマに手掛けたエントランス壁画(縦2・6メートル、横4・6メートル)もお披露目された。金メダルなどをちりばめた作品で、香取は「(制作中は)とてもエンジョイした時間を過ごせた」と満足げだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月11日のニュース