「360°モンキーズ」杉浦双亮が四国ILトライアウト合格

[ 2015年11月11日 20:57 ]

360°モンキーズの杉浦双亮

 お笑いコンビ、360°モンキーズの杉浦双亮(39)がプロ野球独立リーグ、四国アイランドリーグplusのトライアウトを受験し、投手として愛媛に合格したことが分かった。11日、四国アイランドリーグplusが発表した。

 杉浦はフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でも元日本ハムのマイク・イースラーら、プロ野球の外国人選手の物まねで人気となっている。

 しかし、高校時代に帝京の野球部で投手だった杉浦は、10月末のブログで「僕の一大決意!!それは…プロ野球独立リーグのトライアウトを受ける事を決めました 本当に真剣です!!」と決意表明。

 来年の2月に40歳となるが「今の自分がどれだけ通用するのか?試してみたいんです!!誰に何を言われようが自分の人生、後悔だけは絶対にしたくない!相方の山内っちゃんにも、僕のワガママを聞いてもらいました!」と4日から10日まで行われたトライアウトに参加。最終日にも「やるぞ!高橋由伸・ベッカム世代!まだ四十肩じゃないし。よし!!」と気合を入れていた。

 同じ帝京でサッカー部だった相方の山内崇(40)も「相方が高校時代からの夢を叶えました。 おめでとう!! 」とツイッターで祝福した。

 今後、各球団ごとに入団交渉を行い、双方合意すれば入団契約を結ぶことになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月11日のニュース