井戸田タジタジ…マシ・オカに離婚ネタでいじられる

[ 2015年11月11日 13:27 ]

米ドラマ「HEROES/ヒーローズ」の新シリーズ「Heroes Reborn」大ヒット配信記念イベントで「ヤッタ―!!」のポーズをとる(左から)井戸田潤、マシ・オカ、小沢一敬

 動画配信サービス「hulu」で配信中の米ドラマ「HEROES/ヒーローズ」の新シリーズ「Heroes Reborn」大ヒット配信記念イベントが11日、都内で行われ、同シリーズの名物キャラクターを演じ、人気を獲得した日本人俳優マシ・オカ(40)が登場。ゲストのお笑いコンビ「スピードワゴン」とともに新作をPRした。

 06年から10年まで米NBCで4シリーズ放送され、超能力を持つ人々が活躍するSF作品の5年ぶりの最新シリーズ。マシ・オカは時間を止める能力を持ち、「ヤッター!!」と叫ぶ名物キャラクター、ヒロ・ナカムラを演じており、新シリーズでも続投。5年ぶりのシリーズに「楽しいです。ちょっとした同窓会みたい」と撮影を振り返り、「(共演者とは)家族みたいな感じで今でも仲がいいですよ」と話した。

 現在も米国在住で、たまに来日しており、いまだ独身のため「婚活中です」とマシ・オカ。「普通に好きになってくれる人がいれば」とし、お相手に関しては日本人と米国人では「日本人がいい。アメリカ人は自己主張だけ。日本人のように空気を読んだり、些細な文化の違いとかわかってくれない」。

 「スピードワゴン」はヒロの超能力にかけて“時を止める”ネタを次々披露。井戸田潤(42)は持ちネタ「ハンバーグ師匠」の衣装で「流行語大賞候補50語」にも選ばれたラグビー日本代表のFB五郎丸歩選手(29=ヤマハ発動機)のあのポーズを披露。付け髭持参で「レッズに2月から行きますから。その前に13日から国内のトップリーグも始まります。大好物はとんかつです」となりきってノリノリ。ハリウッドデビューいけますか?とその気になった井戸田に、マシ・オカは「ダメですね」とバッサリ。「まずは英語。日本のネタはあるあるネタが多い。“あま~い!”も英語で“スウィート”って言っても変じゃないですか。1つの笑いでは難しい」と冷静に分析し、「でも、可能性はありますよ。度胸がある。皆さんの前に大きな声を出す、その勇気は大切ですよ」とフォローした。

 最後にはもともと日本のお笑い番組や情報番組が好きというマシ・オカは「ハンバーグ師匠はヒロと同じように時空間移動できる能力があったら何に使う?」とニヤリ。これには井戸田も「8年前に戻って幸せな家庭を築きたい。俺が離婚したことも知ってるんですか?」とタジタジだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月11日のニュース