金爆・鬼龍院 紅白出場を熱望「出れなかったらグレようと」

[ 2015年11月5日 19:14 ]

イルミネーション点灯式に出席したゴールデンボンバー

 人気グループ「ゴールデンボンバー」が5日、都内で「Shining Star Illumination ゴールデンボンバー withダイバーシティ」点灯式に出席した。

 
 報道陣から年末の予定を聞かれ、鬼龍院翔(31)は「とりあえず、紅白出れなかったらグレようという話はしてます」と語り、樽美酒研二(34)も「わかりやすくみんなでリーゼントにしよう」と同調、今年の紅白出場を熱望していた。

 またクリスマスの思い出についても言及。鬼龍院は「高1のクリスマスに男友達と2人でお台場のイルミネーションを見に行った」ことを明かし、「でも3学期にクラスで『あいつらゲイらしい』って噂が流れた」という苦い思い出を告白。今年のクリスマスの予定は?と聞かれ樽美酒が「喜屋武さんは彼女と、ですよね?あ、言っちゃった~」と喜屋武豊(30)をからかい、鬼龍院も「お互いの事務所が…」と乗っかると、喜屋武が「スキャンダルじゃん!」とタジタジになる一幕も。

 イベントでは、ゴールドの衣装で登場するや、「どうも!SexyZoneです」とあいさつし、会場の笑いを誘った。「星」をモチーフとした輝くモニュメントで点灯セレモニー。人気楽曲とコラボしたイルミネーションショーも初披露した。鬼龍院は「あんまり『女々しくて』とか聞きながらイルミネーション見たくないと思うんですけど」と苦笑いしながらも、喜屋武は「私、喜屋武豊、キャン動しました」と感激の面持ちだった。イルミネーションショーは1月11日まで開催。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年11月5日のニュース