映画「E・T」米脚本家 M・マシソンさん死去

[ 2015年11月5日 21:31 ]

 米メディアによると、映画「E・T」などの米脚本家・メリッサ・マシソンさんが4日、ロサンゼルスの病院で死去、65歳。神経内分泌がんを患っていた。

 50年6月、ロサンゼルス生まれ。世界的に大ヒットしたスティーブン・スピルバーグ監督の映画「E・T」(82年)の脚本でアカデミー賞にノミネートされた。「ワイルド・ブラック 少年の黒い馬」や、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマが題材の「クンドゥン」も手掛けた。83年に結婚した俳優ハリソン・フォードとの間に2子。04年に離婚した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年11月5日のニュース