渡辺謙&南果歩夫妻、バリに足止め…火山噴火「なすすべなし」

[ 2015年11月5日 05:35 ]

渡辺謙、南果歩夫妻

 インドネシア気象当局は4日、中部ロンボク島のリンジャニ山が噴火し火山灰が上空に広がったとして、同島の空港と、海峡を挟んで西にある国際的観光地バリ島のデンパサール国際空港を閉鎖した。1日にバリ島で行われた女優観月ありさ(38)と建築関連会社社長の青山光司氏(43)の挙式、披露宴に出席していた俳優の渡辺謙(56)と女優南果歩(51)夫妻が出国できず足止めをくらう事態となった。

 夫妻はバリ島に3泊4日で滞在し、4日に帰国予定だった。南はツイッターで「噴火で飛行機が飛ばず、ホテルに出戻り。自然の力にはなすすべなし」と報告した。

 リンジャニ山は、共同電によると、数日前から火山活動を活発化させ噴火が起きていた。2空港の閉鎖は5日午前まで続く見通しだが、双方の所属事務所は「今のところ仕事に影響はありません」としている。観月と青山氏は当初からしばらく現地でバカンスを過ごしてから帰国する予定だったため、現時点で影響は受けていない。南は、13年の日本テレビドラマ「斉藤さん2」で主演の観月と共演して親しくなった。披露宴には渡辺とともにサプライズで登場して、観月を感激させたという。

 噴火したリンジャニ山は標高3726メートルで富士山より50メートル低く、1257年の巨大噴火が世界の気候に影響を与えたともいわれている。

 バリ島はリゾート地として日本人観光客も多い。デンパサール国際空港は7月にも別の火山の噴火の影響で一時閉鎖された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年11月5日のニュース