梨花、命がけの壮絶出産だった…心臓マッサージで意識回復

[ 2015年3月6日 23:58 ]

梨花

 モデルの梨花(41)が6日に放送されたTBS系「A-Studio」(金曜後11・00)に出演。2011年11月に誕生した第1子の長男を出産した際の秘話や、結婚に至るまでの裏話などを披露した。

 
 3090グラムの男児を出産したが、分娩中に意識不明になり、輸血や心臓マッサージを受けるなど、命がけの作業だったと振り返った。出産前は、生まれたての子供を抱っこをする“カンガルーケア”を希望していたが意識がもうろうとなったためそれもかなわず、子供が別室に連れて行かれることだけは認識。そのため心臓マッサージで意識が戻った瞬間、思わず担当医に「息子を連れてこい!」と叫んでしまったという。

 また、結婚を後押ししたのが、親友でタレントの鈴木紗理奈(37)だった話も。交際期間が7年を迎えても結婚へ踏み切らない梨花に「なぜ籍を入れないの?日にちを決めちゃいなよって…」と紗理奈が結婚の日程を決めたことも明らかにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年3月6日のニュース