田辺誠一 歴史番組ナビゲーター起用理由も「かっこいい犬。」

[ 2015年3月6日 16:40 ]

BS―TBS新番組「にっぽん!歴史鑑定」記者懇談会に出席した田辺誠一
Photo By スポニチ

 俳優の田辺誠一(45)が6日、MCを務めるBS―TBSの新番組「にっぽん!歴史鑑定」(4月6日スタート、月曜後10・00)の記者懇談会に出席。BS初のレギュラー出演への意気込みを語った。

 「私たちが知っている日本の歴史の事象の再検証」をテーマに、毎回、人物、物、文化、風習など日本の歴史からひとつテーマを取り上げて、その始まりや意味を掘り下げていくアカデミックな番組。田辺はナビゲーターとして歴史鑑定士という立場で調査(取材)をしていく。

 オファーを受けて「1つひとつを掘り下げていくのはすごく面白いなと思った」という田辺。「日本の歴史には興味はあるが、中高の学校でやったぐらいの知識しかないので、それを毎週掘り下げられるというのは僕にとって宝物になる。歴史鑑定士という立場になるが、純粋に視聴者の方と一緒に“なるほど”と腑に落ちる感じで楽しんでいきたい」と意気込みを語った。

 番組の佐藤由香プロデューサーは「日本というものを見直そうという動きがあり、歴史番組も増えている。あらためて日本を見直そうと企画した」と企画意図を説明。「歴史番組というと、年配の方のイメージがあるが、BSというメディアをもっと若い世代にも楽しんでいただけるメディアにしたいと思っている。田辺さんはLINEスタンプでもいきなり第1位。ツイッターも俳優としては初めて始められて、今では55万人以上のフォロワーがいる。田辺さんのゆるキャラ“もっちー”のように(BSを)身近に感じてほしいとオファーしました」とオファーの決め手も“画伯”ブームを巻き起こしている「かっこいい犬。」こと「もっちー」にあったことを明かした。

 初回オンエア直前の4月3日には46歳の誕生日を迎える。抱負を聞かれ、「1年後にちょっとは成長していたいかなと」と照れながら話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年3月6日のニュース