ASKA愛人、栩内被告が控訴 覚せい剤使用で有罪も判決不服

[ 2015年1月21日 05:30 ]

栩内香澄美被告=昨年5月撮影

 覚せい剤取締法違反などの罪で有罪が確定した歌手ASKA(56)の愛人で、同法違反(使用)罪に問われた栩内香澄美(とちない・かすみ)被告(37)の弁護側が20日、懲役2年、執行猶予3年とした東京地裁判決を不服として控訴した。

 判決によると、栩内被告は昨年5月、東京都内などで覚せい剤を使用した。栩内被告は逮捕後から一貫して無罪を主張したが、地裁は「被告が覚せい剤と認識して摂取したことに、合理的な疑いはない」と認定していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年1月21日のニュース