アンガールズ・田中 美人ボクサー高野に「キス」迫るも撃沈

[ 2015年1月21日 12:25 ]

高野のボディーに苦悶の表情を浮かべるアンガールズ田中

 お笑いコンビ「アンガールズ」が21日、中国・香港合作の格闘アクション映画「激戦 ハート・オブ・ファイト」(24日公開)のPR大使として、“美人すぎるプロボクサー”として注目の高野人母美(27)と都内のジムで対決した。

 田中卓志(38)は、挫折した男たちが総合格闘技で復活を懸ける映画の内容に沿って「僕もあきらめずに、彼女をゲットしたい。今、一番かわいいのは平愛梨ちゃん」と見当違いの意欲。だが、モデルとしても活躍する高野を見て、「好きになっちゃいました。タイプは違うけれど、キスしたい」といきなりの前言撤回だ。

 対決ではまず、山根良顕(38)が高野のパンチをグローブで受け「すごく重い。力を入れると一瞬、顔が怖くなる」とビビり気味。続けて田中がボディーにガードを着けパンチを受けることになったが、「耐えられたらキスさせてくれよ」とムチャぶり。しかし、高野も「最近、フェロモンを出していないんで、いいですよ」と受け入れ“契約”が成立した。

 結果は、高野は力を50%に抑えて打ち込んだものの、田中は「グェッ!」とうめきながらあっさりダウン。それでも、何とか起き上がってキスを迫ろうとしたが、高野に「やっぱり、無理」と突き放され、あっさり撃沈した。

 高野は「(田中の)身長(1メートル88)は理想なんですけれど、この辺がぼやける」と、田中の顔のあたりを差して拒絶。意気消沈の田中だったが、「(南海キャンディーズの)山ちゃんと競争しているから、切り替えてあいつより先にゴールしないと。目の前の女性を常に落としていくつもりでいきます」と前を向いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年1月21日のニュース