いきもの水野、レコ大警備員から制止…紅白は“通行証”ゲットも

[ 2014年12月31日 12:13 ]

レコ大の警備員に制止された「いきものがかり」の水野良樹(左)(中央は吉岡聖恵、右は山下穂尊)

 31日の「第65回NHK紅白歌合戦」に出場する「いきものがかり」のリーダー・水野良樹(32)が同日、自身のツイッターを更新。前日30日に行われたTBS「第56回輝く!日本レコード大賞」の会場入口で警備員に止められたことを明らかにした。

 今年10月発売のシングル「熱情のスペクトラム」が日本レコード大賞の候補となる優秀作品賞10作品の中に選ばれた「いきものがかり」。紅白も7回目の出場だが、ボーカルは吉岡聖恵(30)。水野はまだ地味なのか、警備員に止められてしまった。

 「いつもこの時期になると水野が紅白の会場で警備員さんに止められないか心配してくださる方々がたくさんいるけれど、今年は通行証みたいなものも頂いたので、安心、大丈夫。ありがとう。…と安心しきっていたら昨日、レコード大賞の会場入口で警備員さんに止められたことは、ここだけのナイショ」と打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年12月31日のニュース