初出場に大喜びのV6 イノッチ「リーダーが冥土の土産と…」

[ 2014年12月31日 05:35 ]

「第65回NHK紅白歌合戦」リハーサル

(12月30日)
 ジャニーズ勢は初出場のV6をはじめ、SMAP、TOKIOが取材に対応。V6は井ノ原快彦(38)が「6人でNHKに歌手として出ることはめったにない。リーダー(坂本昌行)が喜んじゃって“冥土の土産だ”と言ってる」と明かすと、坂本は「楽しみたい」と気合。大河ドラマ「軍師官兵衛」で主演を務めた岡田准一(34)は「新人としていろんなところに出て、紅白を全力で盛り上げたい」と意気込んだ。

 22回目の出場となるSMAPは「SHAKE」「世界に一つだけの花」「Top Of The World」のメドレーを歌う。木村拓哉(42)は「自分らの代表的な楽曲で、大勢ステージに上がっていただいて、テレビの前の方たちも一緒に歌っていただける内容」とアピールしていた。

 TOKIOは21回連続出場。松岡昌宏(37)は、20年来の友人で女優の米倉涼子(39)が会社経営者と結婚したことに触れ、「めでたいですね。(米倉は)幼なじみみたいなもの。末永く幸せになってほしい」と祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年12月31日のニュース