「笑ってはいけない大脱獄」場面写真入手!今年も蝶野ビンタ炸裂?

[ 2014年12月31日 10:25 ]

「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」の1場面(C)日本テレビ

 大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」“絶対に笑ってはいけない”シリーズ。9年目を迎える今年は「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」だ。蝶野正洋(51)が壇上に立つなどの場面写真を“独占入手”。今回の“笑いのトラップ”の一端が明らかになった。

 今年は「ガースー黒光り中央刑務所」を舞台に「ダウンタウン」浜田雅功(51)松本人志(51)月亭方正(45)「ココリコ」遠藤章造(42)田中直樹(42)の5人が囚人研修員として、さまざまな研修に臨む。これを見ずに年は越せない、方正への恒例「蝶野ビンタ」は今年も期待できそうだ。施設には例年通り、バス移動。到着まで「笑いの地獄」が待ち受ける。そして、所長のお出まし。

 06年「警察」の署長は山下真司(63)、07年「病院」の院長は千葉真一(75)、08年「新聞社」の編集局長は高田純次(67)、09年「ホテルマン」の総支配人は竹内力(50)、10年「スパイ」の長官は中村雅俊(63)、11年「空港」の総教育係長は高橋惠子(59)、12年「熱血教師」の学園長は竹中直人(58)、13年「地球防衛軍」の長官は松方弘樹(72)と、いずれも大物が登場。今回は誰か。序盤のヤマになる。

 蝶野のほかにはマツコ・デラックス(42)板尾創路(51)も登場する。会見で、浜田が「あるコーナーで出られた人とは二度と絡みたくない」、松本が「先輩で年上なんですけど、こんなに暴れるかってぐらい暴れて、僕も二度と会いたくない」と語ったマル秘ゲストは…?毎年恒例の遠藤の家族も「出ます」という。息つく間もなく「笑いの刺客」が次々に襲い掛かる。

 昨年はシリーズ最高の平均視聴率19・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。NHK紅白歌合戦の裏番組、民放トップは確実。20%の“大台”を突破するか、注目される。「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」の放送は31日午後6時半から1月1日午前0時半。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年12月31日のニュース