吉高由里子“ドキドキ”のスタート「口から心臓が出そう」

[ 2014年12月31日 19:46 ]

紅白歌合戦の紅組司会を務める吉高由里子

第65回NHK紅白歌合戦

(12月31日 東京・NHKホール)
 赤地色の着物姿で登場した紅組司会の吉高由里子(26)は、緊張感いっぱいの表情でスタート。30日のリハーサルでは、大トリの松田聖子(52)の紹介時に「まつどせいこ」と言い間違えるなど失敗を連発しただけに、この日の冒頭でも、松田に向かい「トチったら助け舟を出してください」と弱気な発言を繰り返した。

 その後も「口から心臓が出そう。落ちたら拾ってください」とドキドキは収まらない様子。直後の曲紹介の際にも一瞬間が空き、出演者がずっこけるシーンもあった。

 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年12月31日のニュース