ゴールデンボンバー今年は“丸刈りパフォ”「はげましておめでとう」

[ 2014年12月31日 21:30 ]

<紅白歌合戦>髪をカットする樽美酒研二
Photo By スポニチ

第65回NHK紅白歌合戦

(12月31日 東京・NHKホール)
 3年連続3回目の出場となった人気エアバンドのゴールデンボンバーは、“丸刈りパフォーマンス”で今年も会場の度肝を抜いた。

 昨年は体操の大車輪を使った替え玉作戦を披露したメンバー。この日は歌唱の前にボーカルの鬼龍院翔が「大人になったので、まじめにやります。めでたい、ハッピーな内容。安心してください」と宣言し、その言葉通り“まじめな”パフォーマンスを繰り広げた。

 それでも、途中、樽美酒研二が消えたかと思うと羊の格好で再登場。舞台中央に置かれた椅子に座ると「羊の毛刈り」の専門家によって、バリカンで髪の毛が刈られていった。

 最後は初日の出が描かれたボードに顔を突っ込み「はげましておめでとうございます」。これには白組司会の嵐のメンバーも驚きを隠せない様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年12月31日のニュース