吉高由里子 「花アン」共演者サプライズ応援に涙も「暇なの?」

[ 2014年12月31日 21:25 ]

<紅白歌合戦>感極まる吉高由里子(中央)

第65回NHK紅白歌合戦

(12月31日 東京・NHKホール)
 紅組司会を努める吉高由里子(26)が、主演した連続テレビ小説「花子とアン」の共演者のサプライズ応援を受けて感激の涙を流した。

 後半開始の冒頭、同ドラマの「特別編」が一夜限りで復活し、主要キャストが勢ぞろいした。続いて、ステージでは蓮子役でこの日紅白の審査員を務めた女優・仲間由紀恵が激励の手紙を朗読。すると、ステージには両親役の伊原剛志、室井滋をはじめ、その他の共演者が駆けつけ吉高にエール送り始めた。思わぬ再会に驚きと感動で感極まった吉高。実は共演者の登場は知らされていなかったという。

 吉高は「やめてやめて。メーク直しに時間がかかっちゃう。うれしい」と号泣。それでも直後には「みんな暇なの?家族といてよ」と“吉高節”も飛び出すなど、涙と笑いのひと時となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年12月31日のニュース