小百合 竹内結子の「この人のためになるのなら…」にグッ

[ 2014年10月7日 10:00 ]

11日公開「ふしぎな岬の物語」

 「こんなに現場に寄り添うプロデューサーは見たことがない。この人のためになるのなら…。一吉永小百合ファンとして出られたことに感謝しています」。完成披露試写会で竹内結子(34)が口にした言葉には吉永の胸も詰まった。

 モントリオールから帰国後、渋谷パルコ劇場で上演していた竹内の主演舞台「君となら」を観劇し、楽屋で直接受賞を報告した。竹内の父親を演じた笹野高史(66)の迫真演技も絶賛。「コーヒーを飲んで“ああ、おいしい”という、あの一言一言が撮影していても胸に響きました」と振り返る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月7日のニュース