小栗旬 31歳で高校生役「痛々しく見られなきゃいいな」

[ 2014年10月7日 05:30 ]

「信長協奏曲」の制作発表会見に臨む(左から)柴咲コウ、小栗旬、向井理

 俳優の小栗旬(31)が6日、都内でフジテレビの主演ドラマ「信長協奏曲」(月曜後9・00、13日スタート)の制作発表会見に出席した。

 現代の高校生が戦国時代にタイムスリップし、織田信長として天下統一を目指す物語。31歳での高校生役に「痛々しく見られなきゃいいな」と話した。

 夫人の山田優(30)が第1子を出産したばかりで、「本当にうれしいですし、我が子はむちゃくちゃ可愛い」と笑顔。一方で「“幸せそうな顔になっちゃって~”と言われる。高校生役なのでそんな顔が出すぎないように、戦国時代を生き抜いていきたい」と気を引きしめた。信長の正室、帰蝶を演じる柴咲コウ(33)らも登場した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月7日のニュース