東国原氏 かつらでふさふさ!復縁に意欲

[ 2011年11月10日 06:00 ]

プロピアの人口毛を付けてフサフサの頭髪になって会見を行った東国原英夫氏。“使用前”のパネルの横で笑顔

 前宮崎県知事の東国原英夫氏(54)が貼るタイプのかつら「ヘアコンタクト」の広告キャラクターに決まり、発表会が9日、都内で行われた。

 「25歳ぐらいから生え際が後退し始めた」と振り返り、ふさふさの髪形で登場。「10歳は若返った。これを着けて前のかみさんに会いに行きたい」と、06年2月に離婚した女優かとうかず子(53)との復縁に意欲を見せた。「商品を薦めたい人は?」の質問には「原子力安全・保安院の元ナントカさん…、あるいは一部キャスターの方とか」と返答。大阪のダブル選挙については「この髪形で(応援演説に)行っても、有権者は私だと分からないかな」と話して笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月10日のニュース