1900万円もかけたのに…YOSHIKI「なんか無愛想 怖い」

[ 2011年11月10日 13:23 ]

お披露目式で等身大フィギュアと肩を組むYOSHIKI

 ロックバンド「XJAPAN」のYOSHIKIの等身大フィギュアが10日、東京・お台場のアトラクション施設「マダム・タッソー東京」でお披露目された。

 ファンからの黄色い大歓声の中で登場したYOSHIKIは、前日に「X JAPAN」のアジアツアーを終えて帰国したばかり。

 製作期間は約3カ月で、ツアー先のパリとロンドンで行った全身約200カ所の採寸は「何百カ所も身体がくすぐったかった。じっとしているのが大変だった。体型を維持するのが大変だった」と振り返った。衣装は採寸の時に来ていた私物で、この日も“分身”にストールを巻いてあげる一幕も。

 約1900万円をかけて完成した自分そっくりの人形を見たYOSHIKIは「とても光栄です。本物と変わらない。しゃべりそう」と感激したが、じっくり見つめるうちに「なんか無愛想。怖い」と苦笑い。

 興味津々にフィギュアの肌や髪に触って「怖い。お化けみたい。夢に出てきそうですね」と漏らし、笑いを誘った。ファンには「くすぐっても何でもして下さい」とアピール。来年1月4日まで同所で展示される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2011年11月10日のニュース