チキチキジョニー 松竹から9年ぶり“漫才日本一”獲り

[ 2011年11月10日 11:50 ]

年末の6日連続ライブをPRする(後列左から)チョップリンの小林、西野、海原かなた、はるか、さらば青春の光の森田、東口(前列左から)チキチキジョニーの岩見、石原

 松竹芸能が大阪・道頓堀で来月24日から6日間連続ライブ「年忘れ!道頓堀笑いの6DAYS!!」を開くことになり、出演する海原はるか・かなた、チョップリン、さらば青春の光、チキチキジョニーの4組が9日、大阪市内で会見した。

 今年新設された、来月決勝の漫才日本一決定戦「THE MANZAI2011」で勝ち残っている「さらば―」と「チキチキ―」は「そろって決勝に行って、年末のライブを盛り上げたい」と抱負。特に、2回の合計点で決勝進出者を決定する漫才サーキット1回目で2位となったチキチキはファイナリストの可能性が高いだけに、海原かなた(63)も「頑張っているし、いい結果が出てほしい」と期待した。

 2001年から昨年まで開催された若手漫才No・1決定戦「M―1グランプリ」では、02年に松竹芸能所属の「ますだおかだ」が優勝。同事務所からは9年ぶりの“漫才日本一”の称号にも期待がかかるが「気負わずに思い切ってやるだけです」と謙虚に語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2011年11月10日のニュース