渡哲也「うまい役者になった」と絶賛も 渡瀬恒彦「兄貴は下手ですね」

[ 2011年11月10日 11:02 ]

TBS系ドラマスペシャル「帰郷」制作発表会見に登場した渡哲也(左)と渡瀬恒彦
Photo By スポニチ

 俳優の渡哲也(69)と渡瀬恒彦(67)が年末に放送されるTBS系ドラマスペシャル「帰郷」(12月23日後9・00)で40年ぶりに兄弟共演をすることになり、9日に都内で行われた制作発表会見に出席した。

 役者としてのお互いを聞かれ、渡は「身内なもので、話しにくいですが」と前置きをしつつも、「味のあるいい俳優になったと思っています。本当にうまい役者になったなと」と弟を大絶賛。そんな兄に、渡瀬は「僕から見たら、兄貴程度の芝居しかできなかったら、とっくに消えていただろうなと。兄貴は下手ですね」と冗談で返し、笑いを誘った。

 とはいえ、「俳優ってその人で持っているというのと、役で人生を回していくというのが両輪ある。どっちかというと、兄貴は自分で回してきた、僕は役をやりながら回してきたという感じ」とも付け加え、俳優としてのタイプが違うという見解も明かした。

 久々の共演を「何か変な感じ」と話す渡瀬。兄弟一緒でオンエアを見ることは?との質問に、渡から「絶対にないです」と否定が入ると、渡瀬も「ないです」。照れくさい?と突っ込まれると「それは…ええ」と照れ笑いを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月10日のニュース