カンボジア国籍取得 猫ひろし五輪へまっしぐら

[ 2011年11月10日 06:00 ]

2011年6月にプノンペンで行われた国際ハーフマラソン大会で2位に入り喜ぶ猫ひろし(左)

 来年のロンドン五輪男子マラソンへの出場を狙って、カンボジアの国籍取得を申請していたお笑いタレントの猫ひろし(34)が同国籍を取得したと9日、支援団体と所属事務所が発表した。16日にインドネシアで開催される東南アジア大会男子マラソンにカンボジア代表として出場。カンボジア勢で1位になれば五輪出場が内定するだけに、“猫まっしぐら”でゴールを目指す。

 “芸人で元日本人のカンボジア人”という異色の五輪選手が誕生する可能性が出てきた。猫の国籍取得を支援してきた団体「カンボジア・ドリーム」によると、カンボジア政府から認可の書類が届いたのは今月上旬。現時点では二重国籍の状態で今後、日本国籍を放棄するという。

 芸人きっての健脚で知られ、マラソンでの五輪出場を夢見て、約2年前、選手層の薄いカンボジア代表として出場するプランを立てた。同国でのマラソン大会にも出場し、昨年12月のアンコールワット国際ハーフマラソンでは1時間16分台で3位、今年6月のプノンペン国際ハーフマラソンでは1時間16分54秒で2位。同国陸上界での知名度は日に日に高まり、今年2月に国籍取得を申請した。

 カンボジア国籍取得には、同国内に7年以上滞在、同国の産業に一定額の投資をしていることなどの条件があるが、国の発展に協力する人物には特例も認められる。猫は6月、同国オリンピック委員会から「五輪代表推薦書」を送られており、「この文書が好材料になったようだ」(カンボジア・ドリーム)という。

 五輪代表切符を手にするためには、東南アジア大会でカンボジア選手1位になることが条件。北京五輪にも出場したエース、ヘム・ブンティン選手(26)も出場予定で、自己ベストは2時間26分台と、猫が今年の東京マラソンで出したベストタイム2時間37分43秒よりも約11分早い。猫は10月初旬に同国に渡り約1カ月、陸上ナショナルチームと練習。8日に決戦の地インドネシアに入った。「日本の皆さん、応援してください!猫ひろし改め“チュマール(カンボジア語で猫)ひろし”でした。ニャ~」と張り切っている。

 07年に結婚した妻(34)は「私は日本国籍ですが、応援します」と、突然“国際結婚”になったことにも動じていない。芸能活動もこれまで通り継続。事務所は「名前を“チュマールひろし”にするか話し合っている。16日の大会後、本人が“来日会見”をする予定」と話している。

 ◆猫 ひろし(ねこ・ひろし)本名滝崎邦明。1977年(昭52)8月8日、千葉県生まれの34歳。目白大学卒業後、ピン芸人として活動開始。08年に東京マラソンでフルマラソンに初挑戦し3時間48分57秒で完走した。今夏放送されたTBS「華和家の四姉妹」に刑事役で出演。2月11日に第1子の長女が誕生。1メートル47、45キロ。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月10日のニュース