被災地の野球少年へ ブラピ愛のサインボール

[ 2011年11月10日 06:00 ]

舞台あいさつで、東北の球児たちと肩を組むブラッド・ピット

 米俳優ブラッド・ピット(47)が9日、有楽町の東京国際フォーラムで開かれた主演映画「マネーボール」の試写会に出席した。

 震災被災地の宮城県から招いた野球少年10人にサイン入りのボールを手渡した。七ケ浜町立七ケ浜中3年、鈴木巧君(15)は「とてもうれしい。一生の思い出になりました」と喜び、ピットは「被災された方たちのことを思うと心が痛みます。皆さんの粘り強さは私たちにも影響を与えています」。ボールは、プロ野球の試合を放送する日本のラジオ局が被災地に贈ろうとリスナーに呼び掛け、約4200個が集まった。

 試写会前にはパートナーで女優アンジェリーナ・ジョリー(36)と赤じゅうたんの上を歩いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月10日のニュース