暴力団排除徹底 NHKが指針発表

[ 2011年11月10日 06:00 ]

 NHKは9日、番組出演者らに暴力団排除を徹底させるための方針を示した「出演契約における暴力団等の排除についての指針」を発表した。出演者や所属する事務所関係者について、暴力団と関係があるとの情報があった場合、報告書の提出を求める。出演料の支払いを保留するほか、暴力団の活動を助長すると判断した場合には番組出演させないなどとしている。

 同局は4月、出演契約書に「暴力団関係者であることが判明した場合、契約を解除できる」などとする条項を盛り込んだが、今回は緊急出演など契約書を正式に交わさずに出演する場合も含めている。今月下旬にも発表される大みそかの「紅白歌合戦」の出場者にも、この指針が適用される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月10日のニュース