阪神が新庄ハムに完敗 18年以来の交流戦連敗スタート 西勇が大誤算4回4失点

[ 2024年5月30日 20:43 ]

交流戦   阪神0-6日本ハム ( 2024年5月30日    甲子園 )

<神・日>失点し、悔しそうにベンチへ引き上げる阪神・西勇(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神が日本ハムに完敗を喫し、2018年以来となる交流戦連敗スタートとなった。

 先発・西勇が4回4失点(自責2)と乱れて試合を作れず、2番手・浜地も2失点。西勇は相手先発・山崎に適時打を浴びるなど、持ち前の細かい制球力を発揮できなかった。

 打線も山崎の前に沈黙が続いた。初回先頭・近本が左前打で出塁するも、後続が倒れた。4、5回も先頭が出塁しながら、得点は遠かった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月30日のニュース