ド軍指揮官 46打席ぶり14号の大谷翔平を絶賛 試合前の予言通りの一発に「打球が上がると思っていた」

[ 2024年5月30日 09:31 ]

ナ・リーグ   ドジャース10―3メッツ ( 2024年5月29日    ニューヨーク )

<メッツ・ドジャース>8回、2ランを放ちロバーツ監督(右)とタッチを交わすドジャース・大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が29日(日本時間30日)、敵地でのメッツ戦に「2番・DH」で先発出場。第4打席で10試合、46打席ぶりの一発となる今季14号を放った。メッツの本拠シティ・フィールドでは初本塁打でこれで日本選手最多を更新する26球場目のアーチ。これでリーグトップのブレーブスのマルセル・オズナ外野手(33)に2本差に迫った。マルチ安打は出場6試合ぶりで1試合3打点は出場20試合ぶりと左太腿裏打撲からの復調を印象づけた。チームも10―3で快勝し、連勝を3に伸ばした。

 待望の一発が生まれたのは7―3と突き放して迎えた8回2死二塁の場面だった。右腕ロペスに対し、カウント0―2から外角の95.9マイル(約154.3キロ)シンカーを捉えると、左越えへ。打球速度103マイル(約165.7キロ)、34度の角度で高々と上がった打球は左翼席で弾む2ランとなった。過去5試合は打率.136。復調を印象づける一発に大谷はダイヤモンドを回りながら笑顔を見せた。得点圏での一発は今季初で、1試合3打点は実に出場20試合ぶりとなった。

 第3打席は痛烈な安打も放った。2―0の5回1死一塁の場面。左腕ピーターソンのけん制悪送球で一塁走者バルガスが二塁へ進むと、1ストライクからの2球目の内角シンカーを強振。114.1マイル(約183.6キロ)の痛烈な打球はあっという間に二遊間へ抜け、4試合ぶりの打点でチームに3点目をもたらした。

 試合前にはデーブ・ロバーツ監督が大谷がボール球を振らない姿勢を称え「今日は彼にとっていい日になるだろう」と話していたが、その予言が的中した形となった。試合後も「私が100%とは言わない。彼に聞くといい。だが彼は賢かった。スピードを落とせばできたプレーがいくつかあったという意味では賢かった。初回は本当に強い打球(左飛)を放った。そして(相手左翼の)タイラーが素晴らしいプレーをした。そして、逆方向へ打球を高く上げ本塁打を放った。試合前にも話したが、彼がスイングをし、いい球さえくれば、彼は自分の道を歩み、今日は打球が上がると思っていた」と6試合ぶりのマルチ安打をマークした一発を絶賛した。

 大谷は今月16日のレッズ戦で一塁走者として出塁後、けん制球が左太腿裏を直撃。打撃に影響はないもののロバーツ監督が走塁に制限をかけていることを明かした。27日に取材に応じた大谷は、患部について「日に日には良くなってきている」としていたが、けん制球が直撃する前日の15日時点で.364だった打率は、28日終了時点で.329まで急降下していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月30日のニュース