ド根性見せた!西武・蛭間はヘッスラ先制内野安打 佐藤龍はカメラマン席に飛び込み好捕

[ 2024年5月30日 05:30 ]

交流戦   西武1―0中日 ( 2024年5月29日    バンテリンD )

<中・西>6回、蛭間は先制となる適時内野安打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 西武の蛭間も泥くさく決勝点をもぎ取った。0―0の6回2死一、三塁。三塁への小飛球がワンバウンドし、一塁へ全力疾走してヘッドスライディング。均衡を破る先制打となった。

 松井監督1年目にドラフト1位指名された2年目は「(監督交代の)原因は選手だと思うし、情けない気持ち。やるのは選手なので何とかしなければいけない。今はがむしゃらにやるだけ」と話した。

 1―0の8回2死一、三塁では三塁手の佐藤龍がピンチを救った。ファウルフライを追いかけ、カメラマン席に飛び込みながらキャッチした。西武でプロ入り後に日本ハムに移籍し、昨季トレードで古巣に戻った27歳は「ケガしてもいいくらいの気持ちでいった」と執念を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月30日のニュース