巨人・ヘルナンデスの来日1号は3ラン!来日3戦10打席目「みんながつないでくれたチャンス…最高です」

[ 2024年5月30日 19:25 ]

交流戦   巨人―ソフトバンク ( 2024年5月30日    東京D )

<巨・ソ>3回、ヘルナンデスは3ランを放つ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の新助っ人、エリエ・ヘルナンデス外野手(29=ドミニカ共和国)が30日のソフトバンク戦(東京D)で来日3試合10打席目にして待望の初アーチを放った。しかも1点差に迫る3ラン。流れを引き戻す大きな一発になった。

 「2番・右翼」で先発出場。0―5で迎えた3回、丸の適時打でまずは1点返し、なおも1死一、二塁で入った第2打席だ。

 相手先発右腕・東浜がフルカウントから投じた6球目、真ん中付近にきたシンカーを叩くと、打球は打った瞬間それと分かる一発。左翼スタンド中段に突き刺さる1号3ランとなった。

 巨人では、ポイントゲッターとして期待され、今季加入した前パドレスのルーグネッド・オドーア外野手(30=ベネズエラ)が開幕3日前の3月26日に2軍調整を拒否して電撃退団。

 ヘルナンデスは今月28日に出場選手登録され、同日のソフトバンク戦(東京D)で「7番・右翼」に入って即先発出場。第1打席でいきなり来日初安打を放っている。

 ▼ヘルナンデス みんながつないでくれたチャンスでシンカー一本に絞って振りぬきました。最高です。

 ◇エリエ・ヘルナンデス 1994年11月21日生まれ、ドミニカ共和国出身の29歳。11年にロイヤルズと契約し、レンジャーズ移籍後の22年7月14日マリナーズ戦でメジャーデビュー。通算14試合に出場し打率.182、0本塁打、3打点。マイナーでは通算1138試合に出場し打率.266、87本塁打、575打点、78盗塁。1メートル85、89キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月30日のニュース