阪神・青柳が31日ロッテ戦に先発 台風の影響による強風を「利用できたらいいんですけど」

[ 2024年5月30日 16:19 ]

交流戦   阪神-日本ハム ( 2024年5月30日    甲子園 )

阪神・青柳
Photo By スポニチ

 31日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発する阪神・青柳晃洋投手(30)が30日の日本ハム戦を前に外野を使ってキャッチボール、ランニング、ストレッチなどを入念に行った。

 「ロッテは勢いのあるチーム。得点力があるからこそ勝っていると思うので、そこは注意したい」と青柳は強力打線を警戒。「マリンは風が強くて同じ球種でも同じ変化をしなかったりとかいろいろある。行ってみてどんな風なのか、どんな曲がり方をするのか。風を利用できたらいいんですけど」と台風1号の影響で強まる風を意識していることも明かした。

 青柳は17日のヤクルト戦(甲子園)に先発し、6回4失点で3敗目を喫して翌18日に1軍登録を抹消されて調整を続けていた。

 「自分の一番いいボールを投げ続けた結果抑える。そんな自分の投球ができるように頑張りたいと思います」と力強く話していた。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月30日のニュース