日本ハム 今季最大4点差逆転負けで連勝5でストップ 新庄監督「守り切れんかぁ…」

[ 2024年5月19日 06:00 ]

パ・リーグ   日本ハム4―6ロッテ ( 2024年5月18日    ZOZOマリン )

<ロ・日>6回、降板する加藤貴(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 試合後、報道陣の前に現れた日本ハム・新庄監督から大きなため息が漏れた。今季最大の4点差をひっくり返される痛恨の逆転負け。連勝は5で止まり「4点守り切れんかぁ…。連勝が止まると、連敗している時よりも悔しい」と唇をかんだ。

 初回に5安打を絡めて一挙4点を先制も暗転したのは6回だ。先発の加藤貴が先頭の石川慎に1点差に詰め寄られる左越えソロを被弾。続く友杉を右飛に打ち取ったところで継投策に出たが、2番手・ロドリゲスが1死しか奪えず、4安打2失点で逆転を許した。

 2位で必死に首位のソフトバンクを追っているが、再び5ゲーム差に広がった。8回に4番手で登板した斎藤も1失点で試合後に2軍降格が決定。指揮官は「真っすぐを磨いてきて」と厳しめな口調で球場を後にした。(清藤 駿太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月19日のニュース