慶大は零敗…清原 2安打放ち孤軍奮闘「力のあるボールに負けないように振りにいった」

[ 2024年5月19日 05:00 ]

東京六大学野球・第6週第1日   慶大0―5明大 ( 2024年5月18日    神宮 )

<明大・慶大>2回、内野安打を放つ慶大・清原(撮影・大城 有生希)
Photo By スポニチ

 慶大打線がわずか4安打で零敗を喫したが、4番・清原は2安打を放って孤軍奮闘した。

 1打席目はバットを折られながらも三塁内野安打。5点ビハインドの9回は先頭で打席に入り、初球を左中間二塁打してチームを鼓舞した。

 「力のあるボールに負けないように振りにいった」と振り返り「捉えられないのは実力不足。明日は1打席目の初球から振っていけるよう準備します」と凡退した他の打席を反省し、次戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月19日のニュース