明大・吉田 リーグ戦1号「次のバッターにつなぐ意識があった」

[ 2024年5月19日 05:00 ]

東京六大学野球・第6週第1日   明大5―0慶大 ( 2024年5月18日    神宮 )

<明大・慶大>7回、2ランを放つ明大・吉田(撮影・大城 有生希)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われ、明大は5―0で慶大に先勝。途中出場の吉田匠吾内野手(3年)が、7回にリーグ戦初本塁打を放った。

 明大の吉田がうれしいリーグ戦初本塁打を放った。7回から一塁で途中出場。直後の攻撃で右越え2ランを放った。浦和学院出身の3年生は「次のバッターにつなぐ意識があったので、ああいうバッティングができたと思います」と胸を張った。

 今秋ドラフト1位候補の遊撃手・宗山主将が、上半身のコンディション不良で欠場が続くが「やれることをしっかりやりたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月19日のニュース