パドレス指揮官 日米通算200勝に王手のダルビッシュについて「彼の速球は本当にいい光を放っている」

[ 2024年5月19日 07:20 ]

ナ・リーグ   パドレス―ブレーブス ( 2024年5月18日    アトランタ )

試合前の囲み取材でダルビッシュについて語るパドレスのマイク・シルト監督
Photo By スポニチ

 日米通算200勝に王手をかけているパドレス・ダルビッシュ有投手(37)が18日(日本時間19日)、敵地でのブレーブス戦(午前8時15分開始)に先発する。

 今季ここまで8試合で3勝1敗、防御率2.43。前回12日のドジャース戦は大谷翔平が欠場するも5回2死まで完全投球を見せ、7回2安打無失点で勝利投手となった。現在、レンジャーズ時代の2013年にマークしたメジャー自己最長の18回連続無失点中で3連勝中と好調を維持している。

 パドレスのマイク・シルト監督は日米通算200勝を狙う右腕について「彼の速球は本当にいい光を放っている。彼は素晴らしい直球を投げることができている。それが投球に生きている。加えてスライダーもとてもいい。スライダーと組み合わせピッチングを理解する彼の能力は本当に素晴らしい」と絶賛。節目の日米通算200勝については「素晴らしいマイルストーンだと思う。彼は自分自身をケアし、どのように準備するか理解している。偉大であり意図的であり、技術を高めることに専念している。だから特別な能力を発揮し、レガシー型のマイルストーンをつくりあげるすることができる」と期待していた。

 ダルビッシュも前回登板後に「なるべく早く達成して気が楽になりたい」と語っていた。過去に日米通算200勝を達成しているのは元ドジャースの野茂英雄(日本78勝、米国123勝=計201勝)と元ドジャースの黒田博樹(日本124勝、米国79勝=計203勝)の2人だけ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月19日のニュース