阪神、鉄壁救援陣が1点守り抜いた 3番手・石井は中軸3人ピシャリ、岡田監督絶賛「いい形で戻ってきた」

[ 2024年5月19日 05:15 ]

セ・リーグ   阪神1ー0ヤクルト ( 2024年5月18日    甲子園 )

<神・ヤ>7回、梅野(左)と笑顔を見せる阪神・石井(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神の鉄壁救援陣が「虎の子の1点」を守り抜いた。5回無失点の先発・ビーズリーの後を受けて桐敷、石井、ゲラが「0」をつなぎ、最後は岩崎が9回を締めて7セーブ目。零封リレーを完成させた。

 「“7回いくぞ”と言われて、心臓の音がすごくでかく聞こえたけど、いい感覚で投げられた」

 中でも輝きを放ったのは7回に3番手で登板した石井だ。わずか1点リードの展開で、3番・長岡から始まるイニングへ。投げミスが命取りとなるマウンドに臨み、長岡を空振り三振、村上を二ゴロ、サンタナを空振り三振に仕留めた。不調のため4月3日に登録抹消となり、5月4日に再昇格。以降の登板4試合3回2/3で奪った計11アウトのうち10個が三振、奪三振率24・5と圧巻の投球が続く。

 2軍で過ごした約1カ月間。フォークでの遠投に取り組んだことが進化につながった。助言した江草2軍投手コーチは「フォークが抜けると言っていたので、普通に投げるのと感覚が違う遠投で球の出方を確認してみた」と意図を説明。石井も「ファームで考えながらやって、しっかり投げたいところに投げきれるようになった」と言う。この日も好調の長岡、打率・346でリーグトップのサンタナから奪った空振り三振は、いずれも磨きをかけたフォークが決め球だった。

 岡田監督からの信頼も急上昇中だ。「(先発を)5回で降板させたら(救援が)4人いるからな。石井が本当にいい形で戻ってきてくれたんで、十分、イニングを任せられるという状況やろうね」。ゲラ、岩崎のダブル守護神だけじゃない。その前には、難攻不落の“ドクターK”が牙を研いでいる。(松本 航亮)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月19日のニュース