Wコウスケが競演!中日・伊藤が右前打で出塁し、福留の適時二塁打で生還

[ 2021年8月5日 16:40 ]

プロ野球エキシビションマッチ   中日―ロッテ ( 2021年8月5日    バンテリンD )

中日・伊藤
Photo By スポニチ

 「Wコウスケ」が競演した。中日は1点リードの9回に先頭・伊藤康祐が右前打でチャンスメーク。犠打、四球で2死一、二塁と好機を広げると代打・福留孝介が右中間を破る適時二塁打を放ち、二塁走者の伊藤は悠々とホームベースを踏んだ。

 愛知県出身の伊藤は2000年生まれで当時、中日で話題を集めていた選手・福留にちなんで「こうすけ」と両親に名付けられた。
 21年の時を経て同じユニホームを着た「Wコウスケ」が貴重な追加点を奪う活躍を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月5日のニュース